マンションの外壁塗装を行う際の注意点を紹介!

マンションを初めとした集合住宅では、定期的に大規模修繕が必要になります。
毎月の積立金を支払っていることから意識は持っているかもしれません。
外壁塗装は大規模修繕の主な施工内容になりますが、新築時のようなきれいな外観が回復するのがメリットです。
資産価値を保全しつつ、費用も適切な範囲内で収めるためのタイミングや注意点を確認していきます。
また大規模修繕の目安はどの程度の期間を取るべきか、集合住宅の構造にも目を向けながら解説しています。

新築時のような外観が甦る!マンション大規模修繕工事での外壁塗装を解説

新築時のような外観が甦る!マンション大規模修繕工事での外壁塗装を解説 マンションなどの集合住宅では必要になる大規模修繕の外壁塗装は施工する面積が広くなり、費用も高額に上ることが珍しくありません。
だからといって放置しておくと、劣化は進行しますます施工費用は高くなるばかりです。
そこでマンションの外壁塗装のタイミングを解説しておきましょう。
塗装面は紫外線や風雨にさらされているので、劣化が最も顕著に現れてきます。
表面に白い粉がふいていないか(チョーキング現象)、躯体表面のクラック(ひび割れ)などの存否を確認して下さい。
チョーキングの発生は塗装劣化そのものを表象しています。
クラックは微細で小さいものはさほど神経質になる必要はありませんが、さびが染み出ていたり、配筋にそって生じているようなクラックが看取されるときは相当劣化が進行しているサインの可能性があります。

外壁塗装は資産維持のために必要な作業です

外壁塗装は資産維持のために必要な作業です 外壁塗装にはいろいろなメリットがあり、美観の向上には必要な作業です。
経年劣化によってゴミや汚れなどを掴みやすくなるので、どうしても汚れてしまいます。
外壁塗膜はセルフクリーニング的な効果を発揮するので、汚れにくい外壁を維持することが可能です。
雨風など外的刺激によって大きな負担を強いられているので、放置しておくと経年劣化から塗膜は劣化するでしょう。
外壁が汚いと建物の価値が下がると思われるので、資産維持のためにも必要です。
定期的にメンテナンスすることにより、建物を美しく維持したり資産価値の向上に繋げられます。
塗膜がしっかりしていると、外壁の素材を守ることが可能です。
耐久性の影響は使う塗料の種類によって変わり、アクリル塗料が最も耐久性に乏しく、ウレタン塗料やシリコン塗料、フッ素系塗料といった順番になります。
普及品の塗料がシリコン系なら、10年程度壁を守ることができるでしょう。
塗膜がしっかりしていると、クラックなどトラブルが起きにくい外壁になります。
隙間風を失くすことができたり、省エネ効果を高められます。
断熱塗料という断熱効果もある中空ビーズが配合された塗料もあり、更に外壁塗装から断熱効果をアップすることが可能です。
節電効果を得ることができ、塗膜がしっかりしているので紫外線の影響を与えず済みます。
紫外線の影響が少ないと外壁の劣化を防ぐことができ、長持ちへと繋げられます。
遮熱効果の高い遮熱塗料などを採用すると、紫外線から影響を更に受けにくくすることが可能です。

外壁塗装のおすすめHP

外壁塗装 大阪